/ja あやつる YmrDhalmel

バレーボールを見た記録が多いです。主に北で、たまに南で。

暑くなかったけど蒸されて熱かったサマーキャンプ

所謂連休はサマーキャンプを見に行ってきた。詳細がわからぬうちに諸々の手配をしていてドキドキしていたのだが、アタマ2日が見られるというので、手配した予定でそのまま飛んで、きょうはバレー分抜き(?)でいろいろと東京を巡って帰ってきた。

f:id:dhalmel:20190713104552j:plain

7/13-14と亜細亜大学で戦っていたサンガイア

7/13の未明に東京に入った。まだ梅雨は明けず、気温は低め。されど、雨が降って湿度は高く、じわじわとえぐられるような天候。試合開始前に亜細亜大学に向かうべく、駅から歩いているところで、わたくし既に湿気にやられていた感。じわじわと体力が削られていく中で、試合は続いていたのだが少々早めに現場を辞して投宿、何故か宿で相撲を見ていたら、炎鵬-輝(小学生時代に対戦してとか非常に縁の深い対決でそのままの体格差というのもまた一興)で輝が勝つところを見つつそのままうつらうつらするような状況で、以下略。

翌14日は、もともとそのつもりでいたのだが、午前中は国士舘へ。国士舘へ行くのは11年ぶりだった(!)。11年前のことで憶えているのは、そのシーズンは4月でリーグが終わっちゃったことと、五輪イヤーで全日本に入って既にチームから離れていた清水福澤両名がそれぞれ母校の応援をしに来ていたことと、その日が終わって慌ただしく黒鷲やら選抜(大学選抜でしたっけなんでしたっけ)に向かう方々が在ったことと、だったかなあと。駅からバスに乗って行って、4セットを見て、そこから亜細亜に向かおうとしたのだが、紆余曲折あって当初の予定からたぶん1時間くらい遅れて着いた。いくらかつての通勤経路だったとはいえ、慣れない非公式乗り換え*1はするもんじゃないと痛感。道の真ん中でして…も遅い。遅かったが、それでも午後の部半分以上は見られたのでよかった。

サンガイアについては、最後の方は満身創痍な部分があったように見えて(そりゃ削られるだろうと削られながら見ていた者は思う)、なかなか難しいところもあったのだろうが、そうはいってもリーグからひと味もふた味も違ってきているところはあるのだろうなという感想は持った。それぞれの選手の色がちゃんと出てきて、それがチームの底上げとか面白みとかそういうところに繋がりつつあるのだろうとは思った。そのことは、とてもこの先に楽しみを持たせてくれるところだというのが、率直な感想だ。いろいろ見えたところがここから開幕までの様々な局面で解決に向かえればよいということだ。

むしろ思いを致したのは各大学にとってのこの機会の位置づけ、についてかもしれない。ことしはV1チームの参加が無かったが、大学の各(いっぱいいる)選手に、V2、V3からの各チームがどう映ったのだろうかとか、それこそ東日本以来、ずっと考えているかもしれない。

いろいろな心配ごとはあるにせよ、その心配をすること自体も営みのひとつとして、なのかなあと。次の機会を、今から楽しみにしつつ、である。

*1:京王線武蔵野台→西武線白糸台を徒歩で乗り継ぐコース

ようやくの晴れた夏日になつまつり

札幌も、ようやく夏めいてきたらしい。半袖にご縁が無いぞと言い続けていたが、この週末、土日ともぱーっと晴れて気温も上がった。どうも東京よりも暑かったらしい。いろいろな天候の乱れがありお見舞いの念を注ぎたいところもいろいろある。

f:id:dhalmel:20190706133302j:plain

たぶんサフィルヴァが登場するのは初めてだろう場所にて

土曜日は昼からちょぃと街まで。四番街、といわれてもちょっとピンとこないのだけど、この土日の昼は四番街まつり。最近になって札幌の市電がループで繋がった、大通からすすきのまでの南北に延びる通りで、大がかりにお祭りが繰り広げられていた。歩行者天国になっていたのでループ運行が一時的に中止されていた*1。市電の狸小路電停には、土日で異なる車輌が展示されていて、ドアが開放されて休憩所のようにもなっていた(土曜日はM101、日曜日はポラリス)。

市電西4丁目電停の延長線上(ちょぃと東へ)、南1条、三越とパルコの間の通りは、しばしば歩行者天国になって広場でいろいろなパフォーマンスがおこなわれる場所ではある。このまつりではラグビーワールドカップ(札幌でも試合がある)事前イベントとして、「ラグビー広場」が設置されていた。ラグビー体験が出来るコーナーと、トークショウのためにステージとギャラリーが設定されているところと。

天気良くてよかったですなあ若干(急なことだったので)暑かったけど。

土曜のトークショウはラグビーを間接的に見る立場となるほかの球技の選手が2組に分かれて登場した。最初にレバンガ北海道の川邉・内田両選手、次にサフィルヴァ北海道の青島・吉田両選手。恐らくサフィルヴァの選手がこういう街のイベントに登場するのは初めてだろうと思ったら、実際のところ初めてだったらしい。何故か始まる前に見ている方が緊張してみたが、さすがおふたりともいろいろな場所で慣れているのだろうか、受け答え、印象付けなどとてもたのしかったなあと。

その後体験コーナーでレバンガVSサフィルヴァ(サフィルヴァが勝ったらしい)のラグビー体験があったのだが、わたしは会場すぐ横(パルコの隣)の大丸藤井セントラル(最近すっかり定番コース)で額縁を買ってたらそこにすっかり乗り遅れてしまった。

このチームだけではなく、この時期は各地でいろいろなチームが(旭川のヴォレアスもその真っ只中だが)、地域のお祭りやイベントに参加して、そのチームの存在や魅力を拡げることに努めている。その営みが、チームの知名度アップ、ひいては試合への集客にどのように繋がるのか、ということを、ちょっと疑問に感じていた時期が実はあった。きちんとした数字がどこかで見られたらいいのかなという気持ちもあるのだが、そもそも気持ちの問題ではなく、「ひとつひとつのこまかい取り組みが、直接響いてくるように見えないほど、おおきな世界」を見すぎたのかなという感じもちょっとしてきている。東京でも札幌でも同じニュースの枠が10分あったとして、その10分の粒度がどのようになるのかということに、上京して初めててれびを見たときに驚いたなあということを、実は久しぶりに東日本インカレで関東勢を見て思い出したのだ(というか繋がったというか)。チームは地域を見据えて地域に働きかけて行きますということを、どうしても感じ易いところと感じがたいところがあるのだろうなと。良い悪いではなくて。

札幌もおおきなまちだし、なかなか染みこむのが難しいというのはあるのだろう。そもそも既にファイターズがあってコンサドーレがあってレバンガがあってエスポラーダもあるわけで、「バレーのチームが出来たのだ」ということは、まだまだまだまだまだまだ識られていないのだが(それはヴォレアスについても然り)。まだまだ年明けの北ガスで、というのはイメージしきれないのだろうけど、そこは少しずつ前へ進んでいくということでもあるのだろうなと。

そろそろV公式に何か載るかね……というあたりも楽しみにしつつ。どうも縁日でのものの買い方がわからなくてお外でビール呑めなかったなあということに地団駄を踏みつつ、日曜日は短冊のような細長い水彩紙に絵を描いていた。絵を描く合間に何故かまた四番街に足を踏み入れてみたら、きょうはラグビー界の日だったもようで、トークミニゲーム的なものが繰り広げられていた。

*1:こういうことは市電で年数回あるが、四番街まつり?なに?ってなってた

サマーキャンプ 20190713-15(14)

まだまだまだまだ東日本インカレ観戦の余韻の中にいる。1週間経ったけど、まだその中にどっぷりはまっている。

久しぶりのFlickr随時更新中ですよ→

20190626|Sendai-OtaruCommerce

 

その真っ只中の土曜日に、かねてから、いちチームから開催が伝えられて、数チームの参戦表明が伝えられていた、「サマーキャンプ」の詳細が発表された。「かねてから」の時点で、連休さなかでもあったので飛行機のチケットはおさえていて、開催地がわからないのと見られるかどうかがわからないのとで宿を保留にしていたのだが、このままどこでも見られなかったらどうしようかとちょっと不安に思っていたのは内緒だよ。

なんとか、7月13-14日(土日)については、見ることは出来るようだ。3箇所に分かれての開催で、なかには冷房などない体育館もあるのだが(そもそも今の当地さっぽろはえらく涼しくて、むしろさむくて、7月になった感がゼロなんだが)。

恐らく、わたしは、去年もサマーキャンプが開催されて(行かなかったけど)、蒸し風呂との評判をほしいままにした、亜細亜大学に行くことになるのだろう。

きょうになってV機構も案内を出しているが、そもそも(今のサマーキャンプのありようは、かつて男子でもおこなわれていたサマーリーグの解散的発展だと思っているんだけどね)、サマーリーグを男子だけおとりつぶししたうえで、女子は存続させて大々的に宣伝いたします、男子は自主開催でどうぞというざつな案内を公式だとは思いたくない、そういう心境にはあるので、ここは、情報として、詳細決定前から情報をつぶさに伝えていただいている、埼玉アザレア公式ツイッターを引かせていただくことにするのである。

 

なんだか、中大、久しぶりに行きたい気がするのだが、残念ながら其処には縁がなさそうだ。おすぎが入ったというのが先日発表になったばかりの奈良を見に、コクシに行く、くらいは、したいなあと思っているところではあるが、この人間、暑さにはめっぽう弱いのでだね……

ちなみにきょねんのサマーキャンプ、去年のあした(へんですね表現が)入団が発表された方の、そのチームでの最初の試合だったんだなあと。あれから1年なんだなあと、そういうところにも、しみじみ。

f:id:dhalmel:20180714093901j:plain

憶えているのは、意識がどこか行くくらいに暑かったことと、ことばが飛んでしまうほどしあわせだと感じたことだけだった。

 

一見さんの、2019東日本インカレ

札幌で開催されていた東日本インカレが、本日終わった。

広い地域から集まっておこなわれる、大学カテゴリのひとつの大会を最後の最後まで見たのって、ほんとに久しぶりだということに、唐突にも気がついた。

3位決定戦と決勝戦を見て、表彰式を見て、閉会式を見て、1週間近く会場に掲げられていた大きな看板が下げられるのを見た。

f:id:dhalmel:20190630154701j:plain

筑波大学、2011年以来の東日本インカレを制す。

前に筑波が優勝したのは2011年、東日本大震災の影響で関東と東北では春季リーグがおこなわれなかった年である。

dhalmel.hatenadiary.jp

タイトルはどうかと思うが(ぇ)、バレーを見る自分にとってそのメインが関東の大学だった時期の、この大会であった。そこから8年、いろいろなことが変わったなあと思った。筑波のユニフォームの色もだが、それだけじゃない。既に自分が関東で何を感じて何を見ていたか、ということも、遠くへ行ってしまった感がした。ひとつひとつのチームの、ひとつひとつの試合を、ひとりの一見さんとして愉しませていただいた大会だったなあと、終わった今はしみじみ思う。7年前の札幌で見た大会とも、そはまたちょっと違ったかもなあと。

変わらないのは、其処にバレーを愛したりバレーに愛されたり真っ向から向かい合ったり一途に声を届けたりする、おおくのひとの存在があるということなのだろう。そして、変わっているのは、あるいは、更にここから変わりそうなのは、こちら側なのだろうなということ。

変わっても、変わらないでいたいこと。ほんとうに久しぶりに拝聴した市川全日本大学バレーボール連盟会長の挨拶を聞きながら、しみじみもの思う夜ではあるなあと。

ここで響いたことを大事にしながらこの続きを過ごしてみるとするよ。である。

皆様ありがとうございました。

 

2019全日本インカレ 学連ごとの割当チーム数

東日本インカレは決勝進出の2チームが決まった。西日本インカレもベスト4が出揃った。
全日本インカレの加算枠が決まったということでもある。
この方式もうやめませんかと叫びたくなる自分も自分の中に飼いつつ、ことしも淡々と各学連ごとの割り当てチーム数を確認してみる。

f:id:dhalmel:20190629130326j:plain
青山学院大学、男女とも決勝へ。

学連 按分枠 ベスト8加算枠
北海道 3 0 3
東北 5 0 5
北信越 2 0 2
関東 13 8*1 21
東海 5 3*2 8
関西 9 4*3 13
中国 4 1*4 5
四国 2 0 2
九州 5 0 5
合計 48 16 64

なお、ことしの全日本インカレは11月26日(火)~12月1日(日)、東京都でおこなわれる。

*1:青山学院、筑波、明治、中央、専修、日本、日本体育、東京学芸

*2:愛知学院、名城、中京

*3:龍谷、大阪産業、立命館、関西

*4:東亜