/ja あやつる YmrDhalmel

バレーボールを見た記録が多いです。主に北で、たまに南で。

2019春の高校バレー北海道予選

f:id:dhalmel:20181117135134j:plain

11月17日、北海きたえーるにて男女代表決定戦がおこなわれた。決勝含め特設コートで6試合、というラインアップだったが、諸般の事情により第1試合の途中から第4試合まで、つまり代表が決まるまでのところを拝見した。優勝したのは女子が札幌山の手、男子が東海大札幌であった由。

女子は旭川実-札幌大谷札幌山の手-帯広南商のいずれもフルセットにもつれ込んだが、いずれも札幌勢がフルセットを制して代表となった。第1試合が終わる頃に「フロアで見られますよー」という案内をいただいてそのままフロアになだれ込んでいった勢だった(ので、それなりにしゃしんは撮ろうとした)。殊に旭川実-札幌大谷はフルセットの最後の最後まで、どちらが代表になってもおかしくないくらいの展開。こういうときに何が勝敗を左右するのかということについて、わたしは未だにちゃんとした言葉を持たないが、「じゃあつよい方が勝ったんだ」というふうに、結論がひとつではない感覚はどこかにあって、たぶん敗れたほうを惜しむのは、そういう感覚があるゆえなんだろうなあ。代表決定戦で敗れたチームはその場で3位表彰を受けるのだが、その3位表彰というのがなんともぐっさり響くのがこの場だった感。

男子はインターハイから「4つ」が定まらない感。インターハイではベスト4に岩見沢緑陵と旭川実業が食い込み、されど代表になったのは東海大札幌ととわの森。この4チームがシードされた今回は、旭川実業が札幌藻岩に敗れた(そして札幌藻岩が勝ち上がり)が、岩見沢緑陵は勝ち上がって最終日までやってきた。前日、とわの森は恵庭南にフルセットで敗れた。その恵庭南にフルセットで勝った科学大高が勝ち上がってきた。群雄割拠、ではあったのか。

東海大学札幌 2-0 岩見沢緑陵

25-22 25-22

ともかく男子の1試合目は東海大札幌岩見沢緑陵。序盤、東海大札幌がリードを拡げたが、岩見沢緑陵がじわじわ追い上げる。じっと見ていると、岩見沢緑陵おもしろい。思ったところを半歩半歩ずらしながらパワフルな攻撃が刺さってくる。サーブの狙いもとてもよい。第2セットもリードされたところから追い上げていって1点差まで詰め寄った。そこでセットを取れれば、というところまで行って、そうはさせないのが東海なんだろうなという感はあるが、思った以上に痺れる試合になった。

f:id:dhalmel:20181117123407j:plain

札幌藻岩 2-0 北海道科学大高

29-27 25-17

どちらのコートにも聞いたことのある苗字(ポピュラーな苗字とはいわない)の選手が見え隠れする対戦。いろんなところでみているおにーさんが増えたんだなあとも実感。

そして見ているうちに気がついたのだが、両チームともツーセッター。ツーセッターのチームはしばしば見かけるのだが、両方ともというのは珍しいんじゃないだろうかと思う。

第1セットは藻岩がリードするも科学大が追い上げ、一進一退のデュースにもつれ込む。そこを首の皮1枚粘り切った藻岩が、第2セットも中盤から主導権を握る。

20点を過ぎたあたりで「あれっ、藻岩って春高出たことあったっけか」とふと考えた。春高は2010年から全道で2代表になったのだが、4強常連に近い藻岩が、その先を勝って代表になったことは、実はいままでなかったことがわかった。国立大学などに進学するひとも多い学校で、インターハイ予選のあと2年生中心のチームになって、春高予選に際し何人かの3年生は出て、という状況になるという、春高というのはちょっと難しいタイミングになってしまっていたのであろう。今回もそういう編成であることは見て取れたが、制約のある中で掴んだ初代表。でかい。

f:id:dhalmel:20181117144653j:plain

久しぶりに見に行けて良かった。代表に決まった各校の全国での活躍と、また見られるひとがいることと、この場で戦ったそれぞれの方々のバレー内外の前途にええことがあることを願っている。

4年ぶりの。そして、あれから4年。

各地で続々と代表校が決まっている、2019年・春の高校バレー。北海道予選は、例年、札幌界隈(最近「きたえーる」と書ききれないことも増えたが)に各地区の代表が集まって実施されるが、平日を絡めておこなわれることが多く、ゆえに、なかなか現地に赴けないきらいはある。きょねんは代表決定戦が土曜日に野幌で開催されたが、ちょうど鷹栖でのヴォレアス緒戦(2017/18 V・チャレンジリーグ2)と重なり、行けなかった(今にして思えばハシゴできたやん、というのは、なきにしもあらずではあったが)。よーく数えたら、なんだかんだで4年ぶりに見る春高予選になるんだなということである。

この前、大学リーグの終了を見届けて飛んだ先で(何故か飛んだ先で)思い出したのだが、この4年前の春高予選というのがとても印象深い試合だったのだ。

20141121|ShoshiGakuen-Towanomori

この年、男子の代表決定戦は東海大四(現・東海大札幌)-札幌藻岩、とわの森三愛-尚志学園(現・北海道科学大高)。東海大四が藻岩に勝って全国を決めたあとの試合。これまで春高出場経験の無かった尚志学園が、第1セットからじゅうぶんな手応えを以て試合を進める。第1セットを落とすものの、第2セット粘って取り、そのまま春高初出場へと歩を進める。見ている者は、ただ、勝者と敗者、両方を交互に見て、唸るよりほかなかった。

20141121|ShoshiGakuen-Towanomori

それから4年。

「あのときの3年生が、今の4年生なんだなあ」という感慨は、かなりあった。一見、道内だけで見ていると、春高が一区切りに見えてしまうのだが(それを機に道外へ進むひとも多いし)、そこから4年、それぞれが(その場がバレーであるとは限らず)、それぞれにたたかって、おおきくなってきたのだなということに、ぐっと感じ入るのである。

明日久しぶりにきたえーるで代表決定戦を見るのだが、明日見るものが、そういう、あとあと思い出してひとつのマイルストーンに見えるような、そんな試合になればいいなあと思っている。

嵐のツアー中で東豊線が混み合いそうだが、それはさておき9時からのきたえーるも熱くなりそうだ。すべて特設コートで、最初の2試合は女子、次の2試合が男子の代表決定戦である。代表が決まってから、それぞれの決勝戦がおこなわれる。第1試合の開始は9時。

(あっ、ことしは、本番は、行かない、かな。行きたくなっちゃったりする、のかな)


キャプテンハマサキに圧倒され、2018/19のサンガイアへ過熱する

f:id:dhalmel:20181111164147j:plain

つくばユナイテッドSun GAIA(バレーボールチーム・現V2リーグ)というチームが出来てからこのかた、その場に赴くときにはサンガイア愛を忘れずにお持ちくださいの合い言葉に従ってお持ちするのではあるが、そのときそのとき(なにせ10年以上経っているのである。あっもうすぐ15年もみえてきた)によってそれなりの温度差は発生していた。

転居等もろもろの事情があって、若干サンガイアからご無沙汰していた2013/14シーズン(加藤陽一選手ラストシーズンでもあった)に「ことしのサンガイアは是非見て!」と言われギリギリのところで飛んだつくばカピオでの大会で、わたしはコートの真ん中にいる背番号2に(気がつけば)釘付けになり、それ以来、そもそもご贔屓はチームなの選手個人なのみたいな勢いでがーっとハマっていった(はまさんだけに)。

はまさんこと浜崎勇矢選手はことし7月、実に4シーズンぶりにサンガイアに戻ってきた。背番号は、初めて見たときと同じ、2番。当初は(やっぱり)チーム最年長選手として、キャプテン池田副キャプテン瀧澤の90s(サンガイアの年代的にボリュームゾーンだが)をふんわりとサポートするようなポジションになるのだとばかり思っていたが、この発表がおこなわれた直後、サマーキャンプあたりから雲行きが怪しげになり、8月の留萌合宿に来た折にはすっかり選手代表以上の立ち回りになり、ついに9月に入って、主将になってしまった。この表現にはいろいろ語弊があると思われるのだが、この時点では、あれれりゅうさんどうしたの、というのも込みだったし、まだ、はまさんがキャプテンで、というのが、イメージしきれていなかった状況でもあった。

サンガイアに遅れること1日、11月11日、霞ヶ浦で、わたしの観戦シーズンも開幕した。富士通戦。結果は、もうちょっとーーー、だった。取れる点、取れるセット、あったのだろう、しかし、もう少し、だった。

ただ、その試合の中で、改めて、キャプテンの立ち居振る舞いに、すっかり胸を熱くしていたのだ。スタートからコートに立っていたわけではなく、まずはマスコットボールを持ってコートに出て行くスターティングメンバーを力強く送り出し、それから、局面局面で声を出して指示をしたり、タイムアウトではそのときそのときにキーになる選手にこまめに声をかけに行ったり。キャプテンにもいろいろなスタイルがあるのだとは思うが、コートに立たずに出来ることをまんべんなくやっている、むしろ、コートに入らないからこそ見えているところも、ちゃんと伝えているんだろうな、そんなふうに見えた。

(↑あれっセット間だっけ)

若い選手が多いサンガイアのコート上に、ひとしきりのパワーを伝えているのだということ。始まる前にそこをたのしみにはしていたが、たのしみにしていたレベルを超えてきてしまっていて、圧倒されてしまって、これからどうしようと思ってしまうくらいだ。

f:id:dhalmel:20181111161841j:plain

その一挙一動を見ながら、思い出していたことがあった。3シーズン前、2015/16シーズンの終盤、大分でおこなわれた、大分三好ヴァイセアドラーのホームゲームの折に伺ったひとことだった。

「1日1回は全員と話す」

はまさんは、2014/15シーズン限りでサンガイアをいちど退団し、大分三好ヴァイセアドラーに移籍していた。大分三好は同い年の木場田主将(現・久光製薬スプリングス・コーチ)が正セッターだった。はまさんはリリーフサーバーで出場することが多かったが、その傍ら、かなり若いチームになっていた大分三好を支える立場でもあった。はずだった。というか、そう思っていた。

わたしはこのシーズン開始当初に、是非このふたりでセッターを語るところを聞きたい、という思いがあって、バレーボールマガジンを通してその企画をお願いしてみていた。結局それは実現して、ホームゲームの直前に取材して記事にしたのだが、正直なところ、その立ち位置は、企画構想がはじまったときと微妙に違ってきてしまっていた。大分三好はそのシーズン、現在主将を務める高山選手をはじめ、おおくの大学生選手を内定選手として受け容れた。そのうち高山選手とセッターの藤岡選手が年明けの桜大会(くしくもサンガイア戦!)からスターターとして出場した。年明けのこの「奇襲」を機に、はまさんはベンチをあたためるどころか、遠征に帯同してこない人になってしまっていた。

大分のホームゲームでも、所謂戦いの舞台から半歩くらい下がったところから戦況を見つめるような立場になっていた。予定通りおこなった取材の時に、実は、どんなふうに構成出来るのだろうかと心配した部分はあった、そこではまさんから飛び出した言葉…今、自分の記憶にぱっと再生された言葉があったのだと。

ちょっと長いが、その折の周辺のことばを、そのときの記事から引用する。

浜崎「下の人間はまっしろな状態で入ってきたわけで。僕たちも最初はまっしろで、途中でいろんなこと書き込んで、こうやって勉強というか成長できている部分はあると思うんです。その部分を、伝えられる伝え方というのが、組織の中でも難しいなというのがあって。
伝わりやすくするために、僕がずっと心がけているのが、1日1回は全員と話すとか。心がけてはいたんですけど、まあ、難しいですよね。伝えるのって。ひとを変えるのって特に難しいじゃないですか。そこは自分で変わってほしいし、僕らは仕事しながらバレーボールしているわけで、仕事もバレーも100%でしないといけない。どちらかがおろそかになってはだめだし、応援してくれる人も患者さんでいるわけで、そういう人たちに「あの子はだめだ」とか言われると僕も心痛いですし。言われないためにやるわけじゃないですけど、人として最低限のこう、ひとになれるように僕らも声掛けしていかなきゃならないというのは、日々感じながら、生活しています」

セッターとして、チーム最年長として-木場田和希・浜崎勇矢 | バレーボールマガジン

 

今になって改めて記事を読んで、なんというストライクの連鎖じゃ、と思ったのだが。ちゃんとこのひとのなかでは時系列にいろいろな経験が繋がっていて、ちゃんと積み重なったところがその先に伝わっているのだと、胸が熱くなったのだ。尤も、この言葉を聞いた当時は、熱く、翌週に控えたチャレンジマッチにむけての抱負をも語っていたのに、大分三好がいざ乗り込んだ、茨城・ひたちなかでのチャレンジマッチには、やはり帯同してこなくて、ああ、チームのあれやこれやがちゃんと見えているひとが、なぜここにいないんだ、敗戦の責任を背負い込んだようになってしまったキャプテンが、なぜここでひとりで泣いていなければならなかったんだ、ということについて…延々と考え込んでいたものだった。昨日今日見始めた状態(当時)のチームに対して深い考察はおこなわない方が吉だったのだろうが、どうしても…

あああああああああああ回想シーンはそこまでだっ!

いろんなことを経ての今である、ということである。要するに。

f:id:dhalmel:20181111164654j:plain

だから、今シーズンは決めた。ひとつでも多く、このキャプテンに圧倒されて、チームの展開するバレーボールに引き込まれ、進んでいきたいと。幸か不幸か、ずっと見る者としてのこちらのパワーもマグマのように溜め込まれていたから、あとは放出するのみだ。

だから、いろいろなちからをそこに集結させて、おそろしく熱いサンガイアを、ひとつでも多く、見たいのだということである。過熱したいのである。わたしは、今季、そういうひととしてそこかしこで蒸気を噴き出していることにしたのだ。

なので、キャプテンハマサキと愉快なサンガイアが、このシーズンを、無事に、ちゃんと燃えさからせていられるように願うのである。みんなげんきで、げんきでね。

そして、やっぱり足りない

キャプテンマークはどこへ行ったのだっ!どこへ行ったのだっ!え、食べちゃっただと?ぼりぼりぼり。

続きを読む

締めくくりから始まりへ

土曜日は今年の北海道の大学リーグ締めくくりの日で、たっぷりと4試合を見た。どの試合もたいせつな試合だった。殊に最終戦「勝ったほうが優勝」の東海大学札幌校舎-札幌大学は、おそらくこれから語り継いだほうがいいような試合だった。大熱戦が続いたあおりで試合は長引き、閉会式もそこそこにその場をあとにして、ひとり千歳を目指した(大学のことは稿を改める)。

土曜日はV2・V3リーグの開幕日でもあった。なんもここで重なるこたぁないと思うのだが、分身はできないので、自分としてはそれでよかったのだと、開幕戦でのサンガイア初勝利の報を聞きながらいっしょうけんめい言い聞かせつつ、翌日土浦に向かうのに便利な場所まで移動した。

日曜日のサンガイアは、この日が緒戦の富士通との対戦。いきなりの正念場。やはり、富士通は、明るく楽しくそして強かった(このことばの源が山本監督だというのを最近初めて知った)。引き出しがいっぱいあった。サンガイアとしては、リードしていた第2セットを取れなかったのが大きかったなあと。

  

気がついたこと、噛みしめたこと、本当にいっぱいあった、そんな2日間だった。

 

2018北海道秋季リーグ あと1日

1部総当たりを終えていた北海道の大学リーグは、さきの土曜日から順位決定リーグのフェーズに入っている。上位4チームは上位4チームで総当たり(こちらは全日本インカレ出場3枠の選考を兼ねている)、1部下位の2チームと2部上位の2チームが総当たりの下位リーグは、1部と2部の入替戦としての顔を持つ。それぞれに濃い時間が計4試合続くのである。会場はこの土日が北海道教育大学岩見沢校(第3体育館)、最終日であるこんどの土曜日(11/10。V2&V3の開幕、殊にヴォレアスホームゲーム@旭川と重なっている。こちらは朝から晩までだ。さてどうしたものか)は東海大学札幌校舎(TOKAI ARENA)での試合である。

岩見沢には土曜日だけ行った。後半にとても珍しい(先日わたしが関東に行ったので、お久しぶり、ではなかった)客人がみえていて、ともにじっくりリーグを愉しんで北海道庁赤レンガと銀杏の黄色のコラボレーションを見たりおいしいものをたべたりしたのだった。先週もそうだが土日どちらもフルフルというのはだんだん難しいお年頃になってきてしまったか()、わたくし。来週はフル回転なのだが。

岩見沢はそれなりに遠かった。バスに乗って最寄りのバス停で降りて、ゆっくり岩教に歩いて行ったら、男女コートとも第1セットが終わろうとしていて、まずは手前の女子コートで女子の北海学園-札大を見ていた。なんというか、今季の学園は、すごくささってくる。久しぶりの1部で、コートに4年生がいっぱいいて、コートでひとつひとつきろくをしていこう、というのが、実に鮮やかに見えるのだ。気がついたら手前で引き込まれていたのだ。そして学園はストレートで勝ち、その感触がじゅわーんと響いている中で、その余韻がぐいーんぐいーんする中で、奥の男子の第1試合を見ていたのであった。

男子で面白かったのは第2試合だった。わたしがこちらで見始めて、割と早い段階でそのチームの存在を識りつつも、1部の入替戦へ進出してきたのを見たのが初めてであった小樽商科大学。1部側からは「たーのしー」を何回言ったかわからない北星学園大学

f:id:dhalmel:20181103121425j:plain

実に良く、それぞれの特性をコートに顕しながら、追いつ追われつ展開する好ゲームだった。そこで何がどう左右したのか。結局この試合は北星が3-1で勝ったが、翌日は樽商が勝ち北星が敗れ、いつもの如く入替戦は混沌に至った。

f:id:dhalmel:20181105205841p:plain

最終日に向けてはこういうことのようである。

11/10は第1試合 北大-樽商、第2試合 北星-科学大

第1試合:北大○なら北大1部決定で第2試合の結果待ち
 →第2試合:北星○なら北大北星で確定、
  科学大○なら樽商、北星、科学大が1-2で並ぶ(セット率かなり微妙)

第1試合:樽商○なら北大樽商が2-1で並ぶ この時点でストレートなら樽商、3-1,3-2なら北大が確定
 →第2試合:北星○なら北大樽商北星が2-1で並ぶ
  北星3-0なら第1試合のどちらかと北星、3-1,3-2なら北大樽商
  科学大○なら北大樽商

 

そして下位も下位なら上位も上位である。

結局、最終日は、北翔と北海学園、東海札幌と札大がそれぞれ相星で直接対決ということになった。第3試合の勝者が3位、第4試合の勝者が優勝ということである。これはすなわち全日本インカレの出場権や組み合わせにも絡む話であり、でもおそらく早稲田を応援する方がきりきりしながらその報を待っているわけではないのだろうけれども、こちらはきりきりしているのである。

北海道で最後の試合になるのか、ほんとうにことし納めの試合になっちゃうのか。

そこらあたりも含めて…

(全日本インカレの組み合わせは10月28日に決まっている。北海道1位と2位はトーナメント表のご近所でかつ港区スポーツセンター、3位は墨田(しかも早稲田と)ということである)

f:id:dhalmel:20181103155614j:plain

泣いても笑ってもいや泣きながら笑いながら最終日。

カラダは4つくらい欲しい折ではあるが、10日はトウカイのアリーナで見届けたいということである。