/ja あやつる YmrDhalmel

バレーボールを見た記録が多いです。主に北で、たまに南で。

あたらしいとしの、あたらしい始まりに

V2リーグが再開した。再開したその週の試合は、見られる予定だったが見られなかった。サンガイアは土曜日に接戦を制し、日曜日は敗れた。久しぶりの得セットやポイント奪取やあれやこれやがあった。見ていないので控えめにするが、きょねんのチームに見た「じゃあ何処へ進んだらいいのだろう」という袋小路状態から、ちょっとでも前に進んでいるらしいというのを現地で見た方からのお話で感触得られただけで、なんだか勝手に前に進めている感じがしている。だから、次の観戦機会が、俄然たのしみになってきた。

さて。

きょねんから考えていてまだ結論が出ていない(けどなんだか語りたい)ことについて、このあとは稿を進めていく。

f:id:dhalmel:20170114152542j:plain

2017年1月14日、ここは桜。

このブログの更新情報などを配信するために、Facebookページの更新を始めて久しい(2015年か2016年のゴールデンウィークから始めた。忘れた。てへ)。

そのページのトップに据えている画像、2017年1月14日=つまり今から2年前=に撮ったきりで、2年更新していないんだった。そろそろ更新したいと思いつつ、なんだか踏ん切りが付かずに現在に至る。

同じ日に撮ったしゃしんを紐解きつつ、このときの心境や今のオキモチを綴ってみる。あまり建設的なエントリにはならないだろう。

f:id:dhalmel:20170114165907j:plain

今やまっちゃんさんはネットの向こう

f:id:dhalmel:20170114152226j:plain

3人セッターだから打つ機会のある(それは今も一緒だ)はまさん。打つはまさんもまた味わい深い。

2年前のきょう、わたしは桜総合体育館に赴き、サンガイアのホームゲームを観ていた。Facebookページに配したのはその日の第2試合、つくばユナイテッドSunGAIA - 大分三好ヴァイセアドラーの試合前のウォーミングアップでの1枚だった。なんだか遠く高いところからなるべくひとがいっぱいうつるようにして撮った。サンガイアを応援する人はひな壇からボードを抱え、その延長線にサンガイアのメンバーがいて、ネットを挟んだところで大分三好がアップしていた。大分三好には3人セッターがいたから、ふたりのセッターが構えていて、そのふたりと交代するようにひとりが打ってその合図をするように見えていた。→その日のV公式に載っているB帳票

この日の試合はアウェー・大分三好が3-0でサンガイアをくだした。サンガイアはセットを取るチャンスをつかみかけていたのだが、そのチャンスに大分三好が繰り出した浜崎とかいうリリーフサーバーにやられたのはよく憶えているのだ。今でもなきそうになる。前のシーズンのつくば大会でまさかのおるすばん事案があっただけに、どういう顔をしていいのかわからないのだが、このとき、非常に嬉しかったのをよく憶えている。

この前(1/9)、ラヂオつくばで3週連続サンガイアPRの1週目を聴いた。そのときに登場していたのが、浜崎須藤というセッターふたりだった。その場で須藤が「(はまさんが)違うチーム*1にいたときから交流があったのだが、そのときからいろいろ相談することなどがあって、ありのままの自分を出せる存在で」という話をしていたのを聞いて、あらためて染みいったのであった。なぜだか、そのときの大分三好の若いかわいいセッター陣を思い出したりしていた。

f:id:dhalmel:20170114160732j:plain

このときは内定選手だったこまっちゃんさん。

ちょうどこの前V1では大分三好のホームゲームがおこなわれたと聞いた。というか、そもそも、予定どおりわたしが動けていたら別な場所にいたからそもそもそこに居合わせられる筋合いはなかったのだが、その時期が終わった今、大分三好に於いて、あのときのはまさんがそうであったような、「チームのいろいろな波長をあわせていくような、頼りがいのあるおにいさん」的な立場のひとって、どのあたりになるんだろうなということを、ついつい考えてしまった事象があったのだった。すごいファンの欲目であり勝手な論拠だが。

f:id:dhalmel:20161204114248j:plain

え、若くてかわいいセッター?もう一声?

…んまぁそれはさておき。

来週は。

来週こそは。

現地で。どうにか。

(あれ、…ということで、もうしばらく、FBページの扉の画像は、そのまままいります…)

*1:大分三好のことを、この場ではふたりともこう称していた

V2リーグも新年2019再開

きょうからV2リーグも新年の試合が始まる。わたしはこのリーグ再開をたのしみにしていて、きょうは四日市にいるプランがあったのだが、諸般の事情で何故か札幌にいて、これから別の取材に向かうのである。

f:id:dhalmel:20181202115841j:plain

(しゃしんと本文が関係あるのかはわかりかねますが)きょうもいろいろ願うし祈るし応援しているのである。

カピオでのホームゲームまで2週間と迫り、私家版マッチデープログラム的場所を公開したのでそのリンクを貼っておく。もしお時間あれば是非。昨日チーム公式からイベントの詳細も発表されたところだし…。あの2014/15シーズンに初めて登場したサンガイアおみくじ、今回のカピオでも登場するようだし、新登場グッズであるブランケットもキニナルし。

note.mu

どの程度増やせるかわかりませんがまたじわじわと。

 

V2の傍でちんどんする

長いと思っていた年末年始の休みも残すところあと1日となった。長いと思っていた年末年始の休みとはいえ、セルフ宿題はそこそこ課していて、それをあんまりできていないので少々忸怩たる思いに駆られつつある。が、まーいっか。

V.LEAGUEが新装開店して(結局、V.LEAGUEの新生というのは、どこぞのじゃらじゃら店でいう新装開店、くらいの衣替えなのじゃないだろうかという疑念はある)いろいろな動きを見ているんだが、まぁV1は別として、その次に勢いを感じるのがV3で、V2は更に地味なんじゃないかという気がしているこの頃である。

12月に入る頃から考えていたことを徐々に実行に移しつつある(宿題と思っていたところだが、まぁ終わりそうにないわな)。1月下旬まで、じわじわとつくばカピオのホームゲームに向けて、その私家版マッチデープログラムをつくるくらいの勢いでいろいろやってみようぜという気持ちになっている。

もうちょっと記事が出てきたらURL出す。今はこちらから→

note.mu

ポリクロモスとたわむる

春高が始まった。きょねんは現地に赴いていたが、ことしはすっかり配信のお世話になっている。ことしは北海道代表ふたつとも「フジNEXTの録画」枠になってしまったので、何かとありがたい。

朝、開会式後の第1試合に藻岩が出てきて、夕方というよりは夜…に東海大札幌が出てきた。どちらのチームにもきくちひろとさんがいる。藻岩のきくちさんは2年生でツーセッターの一角(対角はかの神園さん*1ちのひろさんである)。東海のきくちさんはきょねんも出ていて印象に残って「あ、2年生だー」と思っていたらキャプテンに為って確か全国の高校選抜にリベロで選ばれて、春以降は地元で見られない人になるという話である(春高を見ていると、嗚呼、このコートのなかのひとのうち、何人くらい実際に見られるのかなあという気持ちになる。ここ2-3年)。

春高の合間なのか合間の春高なのかわからないが、V1とV3もリーグ戦が再開された。V2は来週再開なのでわたしは家にいたというわけだ。V1はガオラで放映があったのでしばしば見ていた。

その合間にちょこちょこ絵にならない絵を描いていた。水彩画のハイライトなどで油性の色鉛筆欲しいなぁ、ポリクロモスというええ色鉛筆があるので何色か調達しようかなあ…などと思っていたら、いきなりamazonで半額以下のセールがあったので、きょねん、クリスマスの前に乗ったのであった。いきなり120色の色鉛筆のオーナーになった。

f:id:dhalmel:20181220211259j:plain

今のところ塗り絵にはあまり興味は無いのだが、塗りの練習はしたいと思って、ちょこちょことワークブックを進めていたりはするのだが、進むような進まないようなである。

昨日になって絵を描いてみようと思い立ち、家にあるきめの細かそうな紙を取りだして、ちょっと描いてみた。まだ色鉛筆に対して遠慮があるのかもしれないなと思った。がしがしがしがしがしがし塗ることも要るのかなと思いつつ、忘れた頃に塗った面にワセリンをすり込んだら、それなりにてかてかして塗った面が滑らかになった。 

それをここに貼る勇気はまだ無いが、知る人ぞ知るどこかにこっそり納めているかもしれない。来週からはその120色(と、勿論チーム水彩絵の具も)を運ぶ機運はないので、家にいられる内にめいっぱい戯れておこうと思っているところではある。

以下覚え書き

紙…①コットマン水彩紙(細目)という袋に入っているが、たぶん今はVifArt(ヴィファール)という名前で売られている葉書サイズの紙 ②KMKケント紙(葉書サイズ)

 

*1:サフィルヴァにおふたりほどいらっしゃるその神園さん

【緊急?】キッズエスコートは運営上の義務なのか

ほぼ1年ぶりに地元のじーえむさんの書かれたものと勝手にコラボしてみます。前回はこちら…なのだが大事なところがリンク切れw

dhalmel.hatenadiary.jp

年が明けてから、やにわにV.LEAGUEでの試合開始時におこなわれる「キッズエスコート」に関する話題がついったーのタイムラインに出てくるなあと思って見ていたのだが、わたしはてっきり「キッズエスコートは機構が出したホームゲーム運営時の演出の一例であって、各チームがたまたまそれを採用している」のだとばかり思っていた。

しかし、どうも違うらしい。

わたしが先ほど書いたように思っていた根拠は、気がついたらもう10年以上も前の資料に基づくものだった。如何に現状を「あたりまえ」として継続して認識していて疑問もなんもなしでアップデートしてなかったのかということで(・_・;)
そもそもVリーグ公式サイトに出ていたというのは識っていたのだが、その後公式は2~3回、過去の記録を伴わずにリニューアルしているので、ソースは散逸している。自分の過去ついーとをtwilogで追ったがそこにもキーワードはない。ブログに辛うじて言及があった。

dhalmel.hatenadiary.jp

これを書いたのが12年前(!)の1月で、機構がキッズエスコートということばをサイトに出したのはそれよりもちょっと前だったようだ。そりゃついったーに何も残っていないわけだ(わたしがついったーを始めたのは2007-08くらいだ)。

vbnews.net

こちらの記事(2006年12月。記事からのリンク先には、現時点で辿り着けない。web.archive.orgにも行ってみたが無い)によると、機構は各開催地のサポートを目的として、こんなイベントをやったらいいよーというようなノウハウ集を関係者に配布していたということである。そのノウハウの一例として「キッズエスコート」があって、こんな感じでキッズと一緒に入場して~というのが出ていたのはほんのり憶えている(確か、CDだかDVDと「キッズエスコート」に関するプリントのサンプルが、画像として表示されていた)。

f:id:dhalmel:20090118094237j:plain

2008/09シーズン。この時点でキッズエスコートはあったみたいだ

てっきり、各運営が「ノウハウ集(マニュアルと読みかえていたかもしれない)にも出ているし、やりやすいし、採用しよう」とおもってやっているのだとばかり思っていたので、そうじゃないというのを先ほど識って、がくっと椅子から転げ落ちんばかりの心境になっている。

確かに見たなあ。東川のヴォレアスホームゲームに機構のなかの方が来ていて、ヴォレアスの試合に入る前の第1試合で、『よーしマニュアルどおりに進行してるかなー』という感覚で、試合のひとつひとつをチェックしていた感じになっていたのを。これは、キッズエスコートとか、ヒーローインタビューとか、そのあたり。これは、新リーグに入るにあたって、各チームにホームゲームを運営させるにあたって、各チームに応用の余地を与えないくらい*1にひな形を強化したのかなあ等と。あれれ、と。

このあたりは想像の範囲を越えないところもあるので、また是非いろいろ識りたいところではある*2

マニュアルに縛られない範囲なのであれば、こういうのがいいなあ、と個人的には思い出すのが、Fリーグエスポラーダ北海道のホームゲームでみたやつだ。

dhalmel.hatenadiary.jp

エスポラーダの選手たちは、紹介されてコートに入るときに、エスコートキッズひとりずつと必ず一緒に入ってきて、コート内外におじぎをする。その姿がすごくすきだ。 

 

なお、以前のサンガイアのホームゲームは、必ずしも「ノウハウ集」に沿ってはいなかったことを、過去(先ほど載せたしゃしんをとったのと同じ時期である2008/09)のエントリを紹介して付記しておく。おそらくその後「ああサンガイアもキッズエスコートするようになったんだ……」と思うようになったので、どこかで義務化されたか、いろいろ考えられないような体制になったか、したのだろう*3。よくわからないが。

dhalmel.hatenadiary.jp

「つくばのホームゲーム」では「キッズエスコート」がない。
他会場で見られる、各チームのエスコートにつくキッズ(たいてい開催地至近の少年団)が、ついたチームの応援をする、という光景は、つくばでは見られない。 

おっと、最近キッズエスコートのない試合を見たような気がするのは内緒だぞ。

dhalmel.hatenadiary.jp

*1:もちろん、マニュアルどおりに進められるのがありがたいチームもあるのだろうなとは思う

*2:ファンは識る必要がないとされることかもしれないが、まあ、いいや

*3:この時点では、まだ、松田さんがいた