/ja あやつる YmrDhalmel

バレーボールを見た記録が多いです。主に北で、たまに南で。

またね、とは、言えなかった。

駅にそびえる大きなビルに「3周年」の表示があった。ああ、そうか、3年か、と思った。初めて(ほんとうは、初めてじゃなくて、かなり久しぶりの)この場所に降りたとき、その大きな一群は工事中で、もうすぐ駅ビルができるのだと聞いた。

2014/15、V・チャレンジリーグの終盤、コンパルホールでおこなわれた試合。前の日の遅くに入って、体育館の端に緑色の横断幕を張らせていただいて、ああここが大分でなどと言っていたのだった。応援している選手が、かつて所属していたチームのある場所で、そこと対戦するのを見に行く、というのが「初めて」の時のことであった。

それから何度訪れて、何度そこに心の起伏が在ったか、数えようとしたら数えられるのかもしれないが、あえて数えない。そのシーズンの終わりに伝えられた移籍の報を機に、わたしの住む処からは遠く離れたこの地が、さらに、さらにだいじな場所になったのだった。

以降のことは、五月雨式に思い出されるのだが、書き始めると収拾がつかなくなるので、ほどほどにしておく。たとえば2016年の最終週など、と、キーワードを小出しにしつつ。

終わったばかりの2017/18シーズンについて、わたしは大分で試合を見るということをしなかった。当初開幕週に行こうと思っていたが、突然のしらせをどう受け止めてよいのかわからず、その週は急きょ別の場所に振り替えたのであった。そのとき乗るつもりだった、成田から大分へ向かう便は、同じ方面であればほかの日に振り替えられるプランであったため、いつかどこかのタイミングに切り替えられればと思っていた。シーズンの終わりはチャレンジ2の旭川と重なっていたのでもともと行く予定もなくて、結局ファン感謝祭に行くということにした。たぶん、この大分行きが、一区切りなのだなという感覚込みで。

f:id:dhalmel:20180414150056j:plain

ファン感謝祭、というのは、チームがファンに感謝するとして催すイベントということであるが、ファンもまたチームに感謝しにいく日なのである。そして、ファンにとっては、精一杯チームや選手にその思いを伝えられる日なのである。

リーグの再編成も相まって、この場は、再びいちばん上のカテゴリで、戦うことになるチームの門出としての役割も兼ね備えていた。

遠くから、見守るように見る、わたしにとっては、そんな時間だった。

たぶん、見るものとしての自分と、この地と、このチームとの関係性は、変わっていくのだろうが、変わったら変わったなりに、これからも、石…じゃなかった人垣の陰から、気にかけていくのだろうなと、あらためて思った。あたらしいシーズンは、わたしが見ていたのと、違う意味での、難しいものが溜まっていくものになるのかもしれないが、それでも、ひとつひとつを突破していけるような、若さとひたむきさがそこにあればと。

ちょっと遅かった感もあるが、わたしにとってもそれが区切りだ。ひとつの区切りだ。大分駅をあとにしたときに、不覚にもなにかが零れた。

じゃあ、またね、とは、言えなかった。

 

TOKYO

12日ぶりの休みは、3ヶ月ぶりの空の旅だった。土曜日も日曜日もバレーボールには関わったが、今までにない関わりかたであった。土曜日には主に「書く」ことについて、とても深い示唆を得て、おいしいものを食べて、深く眠った。f:id:dhalmel:20180408160223j:plain

日曜日は、新宿でひとつ買い物をしたのち、ちょっとだけ小田急線に乗って、参宮橋の国立オリンピック記念青少年総合センターへ。数年来、気にはなっていたものの、実は初めて観ることの出来た「FOUREX LEAGUE」。決勝戦まで観た。ちょっと前に見たことがあるひとや、久しぶりのひとや、初めて見たひとがいた。チームに関してもそうだった。そして、「どんなときも!元気に楽しく!」とか、「繋ぎの神髄を讃える」とか、そんなことばが耳に響いた。そしてMCのお帽子が眩しく光った(しゃしんにも!七色に光っていたのだがどのように電源が得られていたのだろうかと気になってみた)。

東京に着いた土曜日の昼も、今朝も、久しぶりに新宿をゆっくり歩いていろいろなものを見ていた。だいたいのものは札幌でも手に入るのだろうけれども、さすがに首都に来るとその裾野が広いというか、たくさんのものを目の前に拡げられる感覚があるのだなあと改めて感じた。密度なのか粒度なのか。毎日だともう胸が焼けそうになるものなのか。改めて、おなじことを、参宮橋でも思った、かなと。

さきの春高もだったが、東京って最近行ってそうで行けていないので、年を追うごとに、いろいろなことが新鮮になっていくなあと、改めて。

今回カメラは最小編成で行った。明るさが気になったがなんとかなったのは、高感度におつよいKPのお陰だったか。

小田急線の窓について

今年度おわりですね。

そだね。

そーですね。

自分のおしごとの範疇で、月が明けたら(あるいは、週が明けたら、もしくは、年度が明けたら)動かなければいけないものがあって、その切り替えを週末にしていて、きょう終わったらあとは首を洗って週明けを待てだったのだが、首を洗うにはきょうだけでは納まらなさそうだったので、明日もはたらくことになった、のである。シーズンも終わったあとだったし特に何か都合が悪いというわけでもないしヨカッタデスネー(半分やけ)。

まぁ今週はそんな感じで日々を過ごしていたわけなのだが、たまたま早めに帰った日に、TVで春の歌のメドレーをまとめて聴いたということがあって(島津亜矢が演歌の人という認識を超えてすげぇVo.だなあと思った日でもあったんだが)、そのあたりのうたとその情景が、必要以上にぐるぐるしているのだ。

メドレーの中にいきものがかりの「SAKURA」があって、実は自分の中ではその歌詞の中の「小田急線の窓に…」というのがずいぶん大きくひっかかっているのである。小田急線とは直接関係ないが、つい最近地下鉄から地上に景色が切り替わる話などをついったーでしていたのを思い出したりしてですなまあ。

小田急線は、けっして日常ではないけれども、しばしば傍にいる。初めて乗ったのは、いつだっけか(ぼかす)、全日本の練習を見に富士フイルムの体育館に向かったときだった(ぼかし)。新宿から、まずは小田原を目指し、小田原の手前でいっぱい停まるパターンの急行に乗っていたのだが、気がつくと寝てしまっていて、目が覚めたら新松田。その頃に聴いていた曲を思い出すことは、けっこうあるのだ。

いちばん最近乗った小田急は、小田原のひとつ新宿寄りの駅で降りた、去年の4月だったみたいだ。男女共催の関東大学1部。前の日のつくばから、新幹線も遣って辿り着いた、だったから、あんまり小田急感はなかったのかな。強烈に小田急うううううだったのは、むしろその前の月の移動だったのかなと。大和と国士舘のある梅ヶ丘を行き来。小田急1本のはずなのに、列車は3本乗り継いだ記憶。

なにがいーたいかというと、ことしは桜が早すぎるっつーことである。わたしが飛行機に乗れるようになる頃には、もう桜は散っちゃってるんだろうなということである。桜も見たいしなんとなく電車に揺られてもみたいな。その前に、なんとなく極限まで絞れてしまってそうな潤いをどこかで補給出来るといいのにな、ということではある。

f:id:dhalmel:20170415141635j:plain

オールスター待機しつつ来季のことなど

最近、ちょとオシゴトが嵐の中に在り、月が明けるまで先が見えない感で、とりあえず暦通り休めてはいるものの、「それ以外」のことをまとめて考える時間が少ない。ゆえに、このブログに何かエントリ…というところまで辿り着けない状況が続いていたし、まだ、暫く続くような気がしている。

これから、好きで見ていくものについて、何とどう向き合っていくのか、ということが、よく見えないなーという感覚があるのだが、それが、そのバタバタゆえなのかも、今月いっぱいは保留にしておいてやろうかなと思っているところではある。

先の祝日などはそんなわけでほぼ1日寝て過ごしてその合間にAbemaで相撲を見ていた感じなのだが、この週末は、髪を切ったりやっぱりペンなどを物色したり相撲を見たり…だ。その合間に、ほんとに久しぶりにバレーボールのことを濃縮果汁原液ごくごくのように摂取した感。急に一気に入ってきて脳みそあわわわわな感じになっていてだ。

きょうはこれからオールスターを(DAZN配信で)見るべく、待機しているわけだが、その前に、昨日発表された、来季の新リーグの区分けについて、ちょと書き留めておこうかなと思って、久しぶりに此処の編集画面を開いたのである(以上前置きと近況報告)

昨日、女子のオールスター後に記者会見があって、来季の新リーグについて発表があった由。なんかどこのリンクも切れるような気がしているので此処に残しておく。

ごくごく「私」の目線からはふたつ。

  • 男子V2が奇数になったのはどーしてだ。奇数で運営大変じゃないか(女子V1の西は既報の通りーだったけど)。
  • ああ、サフィルヴァがいない

サフィルヴァ北海道がVリーグのライセンスを申請していることには、北海道協会の議事録などで把握されていたことである。S3ライセンスを申請していて、12月にVリーグ機構からの視察があったということである(リンク先は道協会常任理事会の議事録PDF)。2月に(ほらなんだっけ長い名前の大会)があって、その後ライセンスの結果を待っていたということなのであろう。

結局、そのライセンス申請が今季は通らなかったということなのであろう。あろう、と書いているのは、現時点では、上記チーム一覧に名前がないということでしか把握出来ていないことであり、何故そうなったのかというのは、現時点ではよくわかっていないし、たぶんこれからわかるかどうかもわからないのである。

改めて、ライセンスの条件として機構が提示していた内容を読み返してみた→Vの構造改革|バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

少なくともS3ライセンスとして条件を外しているところがあるように見えなかったのは欲目だろうか。ジュニアチームはそもそもそちらが主菜じゃないかと当初は思ったくらいの立派な組織であるし(今もU-12男子が群馬でがんばっている)、札幌市との提携も結んでいるし、選手はいっぱいいるし。

なので、恐らく文面にある条件以外のところで、何らかの理由がついたのだろうなという感がある。おおきいのだろうなと思っているのはいくつかある。クラブの財政面とか様子をみられているのではないかということ、ヴォレアスが3部(V3)据え置きという中で北海道2つというのは、当該チーム以外にとっての負担が大きいのじゃないかというところ(じゃあヴォレアス上げちゃえよそしたらV2も偶数になるんだしというのは私見としてある。あくまでも私見として。ただ、どうしてもそうすることができない事情がどこかにあったんだろうな)、そもそも札幌で「きたえーるほど大きくはないけれども客席のある会場」がないんじゃないか(美香保や真駒内は冬季スケートリンク営業である。現在建設中の札幌市中央体育館は2019年4月オープンである)というところ、などなど。

f:id:dhalmel:20180203124202j:plain

先日、サフィルヴァが(同日にヴォレアスも、だったので、おっっっっ、と思ったが)、セレクション実施に関して発表した。その文面に、

2018-2019シーズンを新たなスタートと位置づけて 

という文言があったのが改めて目に飛び込んできた。この時点で(くちにはだせねども)、ここからが新たな、さらなる出発点であるということを、チームの中では刻んでいたのかもしれない。課題ははっきりしたのでそこを埋めていって次に向かうということなのであれば、ここからのシーズンをいろいろ見つめていくだけのことである。

…と書いていたらあああああもうすぐチャレンジのオールスターが始まるじゃないか。よよよよ。

追記:チャレンジのオールスターを見終わったら公式サイトからコメントが出ていた。噛みしめつつ、前へ。

Safilva オフィシャルサイト

おわりとはじまりの場所のはざまで

20140502|after JTEKT-TUSG

前日のニュースを見たときに、まあそうなるのだろうなと思っていたが、そうなった。→PFU 加藤陽一氏の監督就任を発表 | バレーボールマガジン

加藤さんといえば、わたしはどうしても、自分が語るというよりは、何らかの熱い語りを聞く立場に立つことが多いなあという感はある。だから、記憶は断片的である。ただし、長い線を引くことができるくらいの点は複数あるんだろうと思っている。

いろんなことを思い出すのだが、つくばユナイテッドSun GAIAというチームが立ち上がる(厳密にはちょっと)前から、このチームに多大な影響力を持ち続けたこのひとが、現役を終えるやいなや、緩やかにチームから離れたことに、未だにもぐもぐし続けているところがある。後日、稿を改めるが、サンガイアには、これまで、4つか5つの岐路があったと思っていて、そのうちのひとつに数えようかどうか迷っているのが、その年の夏から秋のことだったかなと思っている。チームがではなく、バレーがであるということを、なんとか言い聞かせようとしつつ、そこからどういう歩みをしていて、今が、その途のどのあたりなのだろうかということが、見えるようで見えないなという感覚はある。チャレンジマッチとか黒鷲とか、いろいろなところでその途中経過を見せていただいている感があってもなお。

監督就任は4月だそうで、そうすると、監督として迎える初めての公式戦が、黒鷲旗になるんだろう、というところではある。あっそうか。このしゃしんに写った、ともにあの黒鷲旗が選手としてラストだったふたりは、こんどの黒鷲旗では、おなじ女子畑の監督どうしとして相まみえることになるのか(あっ、このしゃしんは、胴上げの前の日でしたのよ)。