/ja あやつる YmrDhalmel

バレーボールを見た記録が多いです。主に北で、たまに南で。

美弥さんとミヤさん

バレーボールのワールドカップが始まっている。女子大会から始まっている。開幕して久しく、明日の移動日を挟んでいよいよ札幌で試合があるという現況なのだが、わたくし、予想に違わず、しっかりと出遅れているし、リアルタイムに追いかけきれずに現在に至る。開幕当初旅の途中にいたこととも無縁ではなかろうが、そこに言い訳の種を求める気持ちも、あんまりない。

相変わらず出遅れたままの状態なのだが、「えっ」「えっ」となっているのは、恐らくこのかたの存在あってのことなのだろうなと、なんとなく。

f:id:dhalmel:20111008143001j:plain

2011年10月8日、関東1部@青学

この前サンガイアに戴いた今季(2019-20シーズン)のチラシにも書かれていたのだが、今季、水戸のアダストリアみとアリーナで、V1女子の日立リヴァーレとV2男子のつくばユナイテッドSunGAIAの共催で、ホームゲームが執り行われるのである(2019/12/14-15)。この試合のチケットが取れるのか、急に心配になってきた……

のは、昨日見ていた試合で佐藤、長内といったリヴァーレ勢の活躍があったから、なのだ。

そして不意に気がついた。

リヴァーレか……と。

わたしがコートで直に佐藤美弥さんを見たのがいつだったかと遡ると、恐らく2011年あたりまで遡る。このときはギリギリで東京にいて、男子の1部にこれでもかという勢いで行っている合間に女子も1日見ることが出来た(この年の春季は、関東のリーグ自体が流れた)。女子ももちろんだが男子の同年代も、そのうちのかなり多くが現役を去った(ちょうど岡ちゃんさんと旧姓三橋さんの代だというと、このブログにはいちばん馴染むであろうか)。

今、界隈で、美弥さんが遅咲きで云々と言われると、そこには若干の違和感を禁じ得ないのだが、そう言いたい向きもわからんではないし、今見られて、もしかすると日々の観戦の中で見られる機会があるかもしれないということにも、いくばくかの思いを致すのである。遅かろうが何だろうが咲きゃええのである。

そして、ここから急に美弥さんがミヤさんになるのだ。そして、美弥さんと、ミヤさんは、どこかでクロスしていることを識るのだ。

美弥さんは2011/12シーズン(まずは内定選手として)リヴァーレに登録された。その頃、リヴァーレには都澤みどりさん(現サンガイア監督)がいた(一度引退後、現役に復帰し、このシーズン限りでほんとに引退した)。うわーって思った。語彙どこや。

なんだかんだで久しぶりに美弥さん見たいんだが、果たしてチケットは取れるのだろうか。続く。

2019/9/14 関東Vクラブバレーボールサマーカップ男子多摩大会

V.LEAGUEのシーズンインが、着々と近づいている。

9月14日、関東Vクラブバレーボールサマーカップが開催された。この大会は、関東に居を構えるクラブ形態のVリーグ所属4チーム(つくばユナイテッドSun GAIA、埼玉アザレア、東京ヴェルディ=以上V.LEAGUE DIVISION2、現在はV所属ではないが千葉ゼルバ)により、2016年から毎年9月に開催されている。4回目となる今回は、ホストチームが東京ヴェルディ、多摩市立総合体育館での開催であった。

ことしは諸々折り合いがついたので、個人的には、始まった年以来の観戦と相成った。

dhalmel.hatenadiary.jp

ことしは多摩開催、やっぱり朝は早いということで、2ヶ月前のサマーキャンプの時と同じように、深夜に千歳を発つ便で真夜中の羽田に降り立ち、そこいらへんで一泊(というよりは軽い仮眠)してから現地に向かう、ということをした。開場(9:30)のちょっと前に会場に着いたが、いくら確認してもサンガイアの姿が見当たらない。正確には不老部長と元さんはいらっしゃるのだが監督と選手が到着していない。サンガイアは第1試合じゃないか、と…。

開場後暫くしても同じ状況で、とうとうサンガイア抜きで開会式が始まった。直前の台風の爪痕が今も残り、ギリギリの布陣で出場にこぎつけている(と公式ツイッターで言及のあった)千葉ゼルバも、開会式の列を見ると6人いたかいないかという状況であった。

試合開始予定の10:40になってもサンガイアが到着しなかった。会場内では、サンガイアが到着しないので開始が遅れる旨、対戦相手のアザレアのマネージャーさんが客席に触れて廻っていた。放送が入るとか、そういう状況でもなかったようだ。

翌日、つくばで(サンガイアの壮行会があったので行った。この件は別記事の予定)伺うに、その頃、サンガイアの面々はようやく高速を降りたところだったという。7時に車でつくばを発ったのだが、3連休初日ということもあいまって、常磐道もその先の首都高速も大渋滞、結局4時間近くを要して現地に入ったということだそうだ。その際、第2試合と試合順を交換することが出来ないかということも検討されたのだが、第2試合は第2試合で、千葉ゼルバのメンバーが揃わないので前倒しにすることが出来ず、そのままの試合順でおこなわれるということになったという。

ようやく会場に着いたサンガイアの選手たちは、既にユニフォームに着替えた状態で入ってきて、荷物を控え室に置く間もなくコートへ入り、慌ただしくアップを始めていた。

関東の当日移動恐ろしや、と思ったところではある。これがリーグじゃなくてよかったとか、いろいろともの思う。リーグとなると、こんどは雪さんが介入してくるまた別の難しい問題があるわけだが(サンガイアでいうと、2013/14に、前日入りすべく車で移動したにもかかわらず、当日試合開始直前に会場入りというのもあったなあとか、去来したところはある)……↓ことしに入って、リーグ中に書いたヤツ。

dhalmel.hatenadiary.jp

前置きが長くなった。いや長かった。実によく待った。当初の予定から40分くらいずれこんで、第1試合が始まった。この大会は、3セットマッチ(第3セットも25点)、テクニカルタイムアウトは無く、各セット13点で給水タイムを適用するというレギュレーションである。

埼玉アザレア 2-1 つくばユナイテッドSun GAIA

25-21 16-25 25-19

駆けつけ1戦となったサンガイアは、若手選手主体の編成。留萌に来られなかったメンバーも多く登場し、また違う色を見せられる。全体的にアザレアのディフェンスの強固さに見とれる試合ではあった。最終的にはそこが上回ったのだという感覚。サンガイアは、第2セット、リリーフサーバー佐藤のブレイク連発が大きく印象に残った。

f:id:dhalmel:20190914114055j:plain

何故黒いポロシャツのお兄さん達は笑い崩れているのだろうか。恐らくここに写っていない黒いポロシャツの方が不思議な歌を歌って鼓舞していたのでしょう

東京ヴェルディ 2-1 千葉ゼルバ

25-20 17-25 25-16

結局千葉ゼルバは7人での参戦となった。つまりミドルとリベロの交代はあるものの、全員出ずっぱりということになる。その中で、最大限魅せてきた。

ヴェルディは前シーズンに多くの退団者がいて、新入団メンバーと相まってチームのつくりに大きく変化があった。この時期、謎の番号のユニフォームに身を包むヴェルディの新入団選手、というのは恒例(さきほど読み返した3年前のサマーカップの記事で、今サフィルヴァに揃ったヴェルディのおふたりが妙な番号のユニフォームを着ているというのを読んで、妙に懐かしい気持ちになった)だが、今回もそうだった。セッターはスタートから#50熊谷、途中出場で#30金子、と一新されていた。

そんな中で今季2シーズン目の#24増田の存在感が増したなあということを思って見ていた。

f:id:dhalmel:20190914132145j:plain

ヴェルディもそろそろ見納めかね

試合終了まで、どちらが決勝に進出するかわからない、という展開であった。

f:id:dhalmel:20190914140801j:plain

ヴェルディサポーターが掲げた幕。ゼルバはヴェルディくんと共に会場内で募金活動をおこなった。


このあと東京ヴェルディVENUSチアダンスパフォーマンスを挟み、3位決定戦へ。

3位決定戦:つくばユナイテッドSun GAIA 2-1 千葉ゼルバ

24-26 25-21 25-22

f:id:dhalmel:20190914151007j:plain

7人で連戦、2度のフルセットを戦い抜いたゼルバ。次に見られるときをたのしみに

収穫と課題、いろいろ出し切っての試合というところにはなる。またまた手に汗握る熱戦に至った。サンガイアがリードして、いつの間にかゼルバが追い上げて……という展開はあった。

f:id:dhalmel:20190914153347j:plain

リーグ戦以来半年ぶりのサンガイアでその姿を。

決勝:東京ヴェルディ 2-0 埼玉アザレア

28-26 25-22

決勝のみストレートでの決着だった。第1セットはずっと競り合っていたが、第2セットに入ってヴェルディがリードを保ってそのまま勝利に至った。もうひとつ展開があるかと思っていたところはあったが、ヴェルディが押しきった感。

f:id:dhalmel:20190914165625j:plain

躍動した。

f:id:dhalmel:20190914172059j:plain

ヴェルディ、開催地優勝。

ヴェルディが優勝した。優勝表彰のあと、恒例のラインダンス…といきたいところであったが、開始の遅れとフルセット続出で時間が押したため、選手が並んでラインダンスとはいかなかったが、ヴェルディにとっては久しぶりの「優勝」だったのだろうなとしみじみ。

試合そのもの以外のところも含め、開幕に向けての課題をそれぞれどのように消化していくのか、その折々にこの大会を思い出すことになるのだろうという感はしている。終わる頃には既にgdgdだったわたくしは、帰りの京王線で実に良く寝た。オナカスイタとネムイの激しい対決に晒された……なあ。

 

印象は、だんだん変わっていく。

8月18日に旭川でV-THEATERのエキシビションマッチ(北海道ダービーことヴォレアス北海道-サフィルヴァ北海道)を見て、試合のあとにお時間をいただいて選手にお話を伺ったりして、週末は留萌に行くのでその前に文章をまとめてあげたいと思えどまとめきれず、若干留萌に持ち込んで…という状況だった。

ただ、留萌でサフィルヴァを見る前には、公開したいなと思っていた向きがあった。24日の午後にヴォレアスを一目見て、そこで感じたことのエキスを若干盛り込みつつ、体育館に向かう前に公開にこぎ着けたのが、下記のゲームレポートだった。

vbm.link

この記事を公開した足で体育館に向かったら(つまり9時の開始には若干間に合わず)、既にサンガイアとサフィルヴァの練習試合は始まりそうになっていた。

暫くサフィルヴァを見ていて、あっ、と思ったのは、これ先週よりまたよくなってね?ということであった。今季に入って国体予選、V-THEATERと見ていて、そりゃ、まだまだこれから、というところが多いチームだけれど、見る度に見どころ、楽しみに思えるところが増えてくる、という印象を持ち続けているのである。

ああこれは書くの早すぎたんじゃないかという感はどこかにあるので、正直、

今回の試合を通じて、現時点で北海道内においてヴォレアスが「胸を借りられる相手」がいないことを認識させられた。

http://vbm.link/33230/5/

と書いちゃったのは書きすぎだったかなと、留萌でその場でごめんなさいしたい気持ちになってはいたのだ。ヴォレアスとサフィルヴァはいろいろロケーションの制約のある北海道の中で揉み合って、それぞれのちからを高めていけばそれはそれで大きな効果があがるのだ、と、改めて思い直しはしたのである。されど、V-THEATERの時点では、どうにも、正直な感想としてはあったんだと。

結局タイムアップしちゃったので第2セットは見られなかったのだが、天皇杯北海道ラウンドの決勝、ほんとうに見応えのある試合で、それぞれに力を蓄えてきている(殊にサフィルヴァの加速度がすげぇ)のだということを、しみじみと感じ入ったわけではあるのだ。この短いスパンの中でも、刺激というものは、ストレートにチームに刺さるのだということを、だ。

11月に開幕するそれぞれのリーグに向けて。

f:id:dhalmel:20190831165530j:plain

 

2019 天皇杯・皇后杯北海道ブロックラウンド

ほぼ「天皇杯」側を見ていたので、「皇后杯」側のことはここには書けないのだが、今回は札幌大谷中学校が決勝まで快進撃したということは書いておこうと思う。代表決定戦こそ札幌山の手高校に敗れたものの、とても気持ちいいしっかりしたプレイを見た感がある。

朝早く札幌を出て小樽へ。目論んでいた電車に乗れなかったので、開会式は諦めて第1試合に間に合うように行く。久しぶりに気温が上がって、さらに体育館の中は蒸し風呂なる陽気。そこから7試合(あっちょとタイムアップして6試合半になってしまった…)しっかり愉しんだ。

ブロックラウンドといえばプログラムがあって、それは例年楽しみにしているものなのだが、今回からはそのありように変化があった。プログラム薄いなぁ(そしてちょっと安いなあ)と思ったら、今回からブロックごとの分冊になった模様である。北海道は東北といっしょの分冊(中国と四国がいっしょだとあとからきこえた)で600円なり。ブロックラウンド組み合わせは全ブロック分掲載されているが、登録メンバーは北海道と東北分だけである。全国分を1冊にまとめることに、何らかの不都合があるのだろうか。開催時期がここから10月中旬までにわたるので、現時点での登録メンバーを乗せるのに都合の悪いブロックがあるのだろうかとか(たとえば関東の中学JOC代表メンバーは大抵別刷りで挟まれているからなあとか)ブロックごとの部数を調整(たとえば北海道東北を1とすると関東は10刷るとか)するのだろうかとか、邪推の種は尽きない。

以下各試合。メモできた範囲で。詳細は、追記したい。(スタメン怪しいところ多々あり)

[A1]ヴォレアス北海道 2-0 北海学園大学

f:id:dhalmel:20190831094541j:plain

25-17 25-16

学園)4田中 1佐藤元 2齊藤 8栗原 6吉井 14佐藤寛 L18小坂

Vo)17辰巳 20戸田 7関根 4古田 5家近 3田城貴 L10白石

[B1]東海大学札幌校舎 2-1 北海道クラブ

f:id:dhalmel:20190831094321j:plain

20-25 25-16 25-22

東海)13今野 18藤倉 14飯田 8細野 5田中 19板垣 L3藤村

北ク)21厚海 4畑田 15一刀 1志茂 13和田拳 17土持 L3和田拓

[A2]北翔大学 2-1 SIGNAL

f:id:dhalmel:20190831114728j:plain

25-23 22-25 26-24

SI)4滝澤 6須藤 11長谷川 1坂本 5喜多本 9上田 L12花本

北翔)7高田 1亀田 15小栁 4佐藤 17南出 12小泉 L2髙尾

[A3]サフィルヴァ北海道 2-1 北海道科学大学高校

f:id:dhalmel:20190831130032j:plain

25-27 25-20 25-19

科学)7大堀 1十良澤 6澤口 3明日見 5柿崎 2十河 L10谷本/9坂

Sa)4清水 14河西智 6奥田 15プルーク 9森元 12笠原 L3神園 

[A4]ヴォレアス北海道 2-0 北翔大学

f:id:dhalmel:20190831141553j:plain
25-23 25-22

北翔)7高田 1亀田 15小栁 4佐藤 17南出 12小泉 L2髙尾

Vo)2山口 8ハン 5家近 23田城広 9加藤 13佐々木 L11藤村

[A5]サフィルヴァ北海道 2-0 東海大学札幌校舎

f:id:dhalmel:20190831160318j:plain
25-23 28-26

Sa)4清水 14河西智 12笠原 15プルーク 9森元 6奥田 L5神園

東海)4澤下 1阿部 7田辺 12鈴木 18藤倉 14飯田 L3藤村

[A6]ヴォレアス北海道 2-0 サフィルヴァ北海道

f:id:dhalmel:20190831164829j:plain
25-22 26-24

Sa)4清水 14河西智 13吉田 15プルーク 9森元 6奥田 L3神園

Vo)17辰巳 13佐々木 23田城広 4古田 20戸田 8ハン L10白石

2019 サンガイア留萌合宿終了

ことしも合宿が終わって、サンガイアがつくばっくしていった。どうにもゆうべはお楽しみだったようで、本日は撤収準備もあるので短めのメニュー。ただ、その中にも独特のエスプリがこもっているようであり、きょうも心に刻まれる言葉と動きがあった。

f:id:dhalmel:20190827001902j:plain

ことしもおつかれさまでした。全日程が終わる頃に晴れるというね、どういうことよ。

そしてサンガイアは昼過ぎに、来たときと同じように、留萌市が用意したバスに乗って、留萌をあとにしていった。留萌の方々の傍らで、そのお見送りを拝見していたが、地元の方との挨拶に、いままでと違うことばがあった。

来年の夏ではなく、春。ついにサンガイアが初めて北海道内で公式戦を迎える、その帯広で、ということばを、いくつも聞いたのだった。

リーグ、それも後半なので、天候次第の部分もありそうで、そこは祈るしかない。留萌の方々が無事に帯広に行けて、その帯広が最終日となるサンガイアが(えぇ?、サンガイアだけ随分終わるの早いじゃないかともいう)、その場所でいい締めくくりができて、そのあとを待つような状況になればいいなと思っている。

過去6回の合宿の中でいちばんええ合宿になったんじゃないかなと思って見ていた。ほんとうに、結果がついてくることを願うのが、わたしの役どころかな、と思っている。

サンガイアと、合宿に来た多くのチームの方々、そしてなによりも留萌の方々に、今年も深々と感謝を込めつつ、このひとまだあしたバレー見るらしいよ。