/ja あやつる YmrDhalmel

バレーボールを見た記録が多いです。主に北で、たまに南で。

「曲がって道はつづいていく。」

わたしは何回水曜日を待ったかわからない。きょうは、何度待ったかわからない、何度目かの水曜日だった。水曜日を待つ、その前の朝に読んだエントリで、羽根ブラシみたいなものでカラダの真ん中をすりすりさらさらとこすられた感じがした。

水曜日、シゴトの合間にひそやかにいつもの場所を覗きに行った。

正直なところ、よくわからない。プレミアの開幕前日付で離籍になった選手の移籍リスト公示がきょうであるという仕組みが。「あ、ごめんなさい、ずっとその書類、握ってました。廻さなくてすみません」といきなり事務方が平謝り、ということだったら、どんだけ救われる(掬われる、かもしれないけれど)だろうかと思ったが、どう考えてもそんなわけはなく、また、脳内で「最高の2年間 #とは」なる文言がもりもりしたりしたが、それはそれである。区分(移籍希望とか退団とかそういうの)がどうであるかとかは、もう既に日程が半分以上経過したところで、何の意味をどう為すのかよくわからないし、正直、見る側としても、そういうスピード感に支配されるような状況なのかどうかもよくわからないし(Bリーグってすごいよなー正直なーと思う)。

だから、何がどうであるということはさておく。この報せを目にして妙に肩が軽くなったということだけを記しておく。ようやく、『選手』としての次の報せを待てるのだと。今となっては何をどう解釈したらよいのかわからないけれど、このままの状態では、「次」が何もはじまらないということだけは、わかっていたから。

その報せを見てしまったわたくし、きょうはもうシゴトをする者としては遣いものにならないから、と思って、夕方早めにシゴトバを辞し、街へ向かった。その途中で見かけた「いいちこ」のポスターに冠されたことばを、この記事のタイトルに拝借した。いいちこのポスターって、かなりの年数、アーカイブで保存されているんだなと改めて識った。→Poster - iichiko design - 三和酒類株式会社

街中で、ガツン、と、このポスターに出逢って泣きそうになった(アーカイブになっちゃったら、2018年1月、を辿るとよい)。

その年齢的な節目を聞き、年の境を越え、ようやく、次の報せを待って良いのだなというところに、至ったんだなと。ソレすらも、曲がりくねってるかもしれないから、実はとてもとても長い道の途上なのだろうなと。

20161106|OitaMiyoshi-VCNagano

ふたつある海の向こうから ひそやかに。

「どんなシーズンにしたいのですか?」ばなし

今季のVリーグには、カテゴリ間での昇降格を決めるチャレンジマッチの予定がない。来季、どのチームがどのリーグで戦うかは、別途新リーグの枠組みによって決まる。つまり、ぶっちゃけ、今季どんな成績であろうと、それがどう作用する、というのではない、らしい(正確なところは、リーグやってる間には、明らかにならないからねぇ)。

そのことと直接関係があるのかどうかはわからないが、今季は各チーム、新戦力の起用がおおい。かなり思い切っている感はある。年が明けて…恐らく、年末から合流した選手と練習を繰り返してきたのだろうが…、あたらしい選手がじわじわと、である(見逃し見られる間に、なんとか先日大田でのFC東京-ジェイテクトを見たいなとわたしは思っているわけだが、それはそれとして)。

それぞれのチームの監督が、どんな思いを以てあたらしい選手に期待しているのか、ということについては、しばしば考える。そして、ソレと同時に、その選手が合流する前に、必死でそのチームを支えていた選手についても、やっぱり考える。あたらしいチャレンジが上手くいっても、いかなくても、チームにはいろいろな選手がいて、その選手それぞれに今季どんなシーズンにというのがあって、もちろんチームの方向性があって、じゃあどこでそれぞれの「どんな?」が交わり合うんだろうなということを、ちょっと考えるときは、ある。

あくまでもそこに存在するのは競争の原理である、というのであれば、かなり爽やかだ。あくまでも実力勝負で、それがすべての方向性を決めるのであれば、ちゃんと受け止めるまでだ。…などということを、しれっと書いちゃうのは、わたしが、その心の何処かで、そうじゃないんだなと思ってるのか。

「どんなシーズンにしたいのですか?」特に今季は、いろんなチームにとって、選手にとって、それぞれに、通り一遍ではない、いろいろなことばが飛び交いそうな問いなのかもしれない。

f:id:dhalmel:20171126123031j:plain

(妙にわなわなと震えながら、ことばをいっぱい呑み込みながら。いや、そこは呑み込むべきではないのだろうけれども、わたしという立ち位置においては、呑み込むしかないんだろうなと。きのうのフルセットを思い出して、2年前の年明けを思い出して)

第29回 道央クラブバレーボール連盟6人制選手権大会

例年がどっちだったか忘れたが、1月だったり11月だったりにおこなわれている大会(2大会前に行った時には「例年は1月開催だがことしは11月」と書かれているし、前回は一昨年の11月におこなわれている。ちょうど星崎に行っていたわ(・_・;))。今回は年が明けてからの1月開催で、実は行くのは初めての札幌市白石区体育館。ロビーでくつろいでいたら「あれ、バレー見に来たんですか?」と訊かれるような、市民がからだをきたえるためにあるような、ふつうの街の体育館。ギャラリーは2階にぐるっとあるのだが、全面に網が張り巡らされていたため、ひとことお声をかけてフロアで拝見していた。第1試合から見ていて、2試合を残したところで失礼したのだが、それぞれの試合でプレイするそれぞれのプレイヤーの輝くところをみているのは、とてもたのしかった。

優勝したのは、男子がSafilva北海道、女子がアイ・ディー・エフfemme。

f:id:dhalmel:20180113120657j:plain

サフィルヴァは2月から東海札幌での開催を皮切りに、えっと地域リーグだっけなんだっけきょねんヴォ…じゃなかったIDFが出たヤツ…(全国6人制総合男女優勝大会の東部決勝リーグ!)での全国転戦を控えている。そんななかでどういう戦いになるのかと思っていたが、あたらしいメンバーを迎えつつ、いろいろな布陣を試しつつ、攻めていたのが印象に残った。

クラブの大会にはなかなか足を運べなくて、実は今回かなり久しぶりだった。時期が1月で大学界隈が落ち着いていただけに、現役大学生の姿もちらほらあった。クラブの名前は連続していても、その中のメンバー構成ががらっと変わっているということは、前々からよくあることではあるが、ヴォレアス、サフィルヴァと立ち上がってきた今になって、そのあたりの再編成が顕著になっている感はある。それぞれの選手にそれぞれの人生があり、卒業とか就職とか転職とか道内外への異動とかいろいろな動きがあり、ソレに伴ったり伴わなかったりしながらチームは形を変えていく。選手はもちろん、チームもまた生きものなのだということだ。その生きものの生態を、ちょくちょく観察しながら、愉しめていることを、あらためて嬉しく思った、道内での観戦はじめであった。多くの方と新年のご挨拶が出来てうれしうございました。

今回のしゃしんは追ってふりっかーにて。

おまけ

f:id:dhalmel:20140419111721j:plain

2014年4月19日、わたしが初めてPENTAXのカメラでしゃしんを撮ったそのひのしゃしんのなかに。手を握り合っているこのふたりの選手は現在チームメイトです。

※この大会は「道央6人制会長杯」なる大会。いろいろあるので実は自分の中で区別がついていません←

さて14番さん振り向いてみましょう。

f:id:dhalmel:20140419105143j:plain

ヴォレアスのトライアウト前に見た記憶がなかったんですが、見てたんですな…と。そういうことも。

 

 

輪廻の中に取り込まれる

f:id:dhalmel:20180105112505j:plain

春高は、きょう決勝戦を迎える。

序盤の2日間現地に赴き、その後ちょこちょこと(この時期やっぱりフジテレビNEXTは欲しくなるけど追加せずにことしも現在に至る)試合を視聴して、あるいは年が明ける前に行った、同じ場所でおこなわれた天皇杯を思い起こして。ああ、そこに、バレー「界」というものがあって、一連の流れが、さまざまなあたらしい人をその中に巻き込みながら、取り込みながら、ぐるぐるぐるぐるとまわっているのだなあと、しみじみ感じた。

バレーボールを見始めて、雑誌を買って読むようになった頃(雑誌の購読、その頃よりも減ったなあ)、主に高校バレーの名将とか名物監督とか伝統校とかの特集を読むことが多かった。その頃に取り上げられた「名将」には、後進にその座を譲った方が多いんだなあ、現役時代の記憶があるひとが、その「名将」のあとを継いでいる事案が、ほんとうに増えた。春高の序盤、ほんとうにおおくの学校を目にしながら、その学校のカラー、そのチームのチームカラーというのは、どんなふうに出来ていくのかなということを、不意に思った。其処に入った選手の特徴からなのか、監督の意向や方針からなのか、いや、それだけでは括れないんだろうなあ。なんだろうなあ。と。

やがて選手のうちの何割かは、高校生ではなくなってからもどこかでバレーボールを続け、そこから更に年月を経て、プレイを主とする立場からは離れていく。わたしがいつかプレイを見ていた、そういうひとたちが、監督やコーチ、あるいはスタッフになっている。父兄として応援席にいる場合もある。ちょっと広角、東京体育館3階目線くらいからで見ていると、それこそ、ああ、そのひともバレー「界」のなかに、すっぽり取り込まれて入っていっているんだなと感じそうになったが、あ、あれ、選手としてそこに在って、年月を経ている以上、既にバレー「界」の中にいるんじゃないのか、とも思った。なんだか不思議な感覚だ。

そして、きょうも、あるいは、明日以降、春高を離れたどこかでも、バレー「界」の中で繰り広げられるものを、その外郭にひそやかに取り込まれながら、わたしも見ていくのだろうか。

(関連?)

【覚え書き】レグの謎

「~だとばかり思っていた」ことが、実は誤解でした、という局面って、あるんだなあ。でも、ちょっとまだすっきりしないので、覚え書きとしてしたためておこうかな、というのが、このエントリの趣旨で、何をどうこう言いたいわけではないというのを、さきに記しておく。

きっかけは、ちょぃちょぃ拝読している、ヴォレアスGMのブログエントリの一節だった。

1st leg 開幕戦〜12月
2nd leg 1月
3rd leg 2月

Vリーグの公式パンフレットでこうなってるのを
最近知りました…

反重力|池田憲士郎(ヴォレアス北海道)オフィシャルブログ「挑戦」Powered by Ameba

「1レグ」「2レグ」というようなときの「レグ」というのは、総当たりの周回数だとばかり思っていた。試合ごとにヴォレアス公式が発してくる告知ビジュアルで、リーグ再開のきょうの試合(近畿クラブ戦)を「1st.leg全8戦全勝 2nd.leg突入」と謳っている。そして、GMのブログには「leg」は3まであるとも書いている。それを見て「おや?」と思ったのであった。チャレンジ2に関しては、消化試合数がチームによってばらつきがある。ここまでの試合消化数の多いヴォレアス*1でも、きょうの試合が9試合目、ようやく一巡、という状況なのだ。なのに、既に2レグ開始なのである。そして…今季のV・チャレンジリーグ2男子は総当たり2回なのに3レグがあるの?と。
f:id:dhalmel:20180107095817p:plain
反射的にブログの書き手に問い合わせたところ「3legは、あるんです!」という回答をいただいた。その典拠となるのがプログラムに記載された日程表だという。諸事情によりわたくしはプログラムを入手していないのでわからない…と思いきや、リーグ戦の日程発表時にV公式から提示されたPDFに「LEG」の記述があるのを確認した。
www.vleague.or.jp
各PDFによると、男子各カテゴリの「LEG」は下記の通り区切られている。日程ヨコの括弧内数字は、各LEG終了時点での、所属チームの消化試合数。

プレミア(21試合/チーム)

  1. 2017/10/21~2017/11/12(7)
  2. 2017/11/18~2017/12/10(14)
  3. 2018/1/6~2018/1/28

チャレンジ1(21試合/チーム)

  1. 2017/11/4~2017/12/2(7)
  2. 2017/12/3~2018/1/21(13~14)
  3. 2018/1/28~2018/2/25

チャレンジ2(18試合/チーム)

  1. 2017/11/18~2017/12/10(6~8)*2
  2. 2018/1/7~2018/2/3(13~15)
  3. 2018/2/4~2018/2/25

プレミアは、開幕週(1戦目)と2レグ緒戦(8戦目)こそ土日に振り分けられていたが、第2週以降はすべて消化試合数が同じ状態で推移している。チャレンジ1は一度試合数が揃い、そのまま年内は推移したが、年明け初戦からズレ始め、リーグ終了までずっとズレ続けた状態で進む。チャレンジ2は、揃っていたのは最初の週だけだ(てへ)。各チームごとでは「きょうで一巡終了~。明日から二巡目」というような区切りを持てるのだろうが、リーグとしては揃わないままなので、いわば苦肉の策として、見る側が思い込んでいた「レグ」とは別の軸での「LEG」を定義したんじゃないだろうかという仮説を思いついてみた。
ちなみに、辞書によると、「レグ」とは

(スポーツ競技などにおける)一区間

レグとは - 拡張子辞典 Weblio辞書

ということのようなので、機構がそれをLEGと呼ぶのであればLEGなのであろう。

ちなみにレグといわれるとまっさきに頭に浮かぶ選手がいたわけだが、わりと贔屓にしていたのだが、そう呼ばれていた由来はよく知らなかった。レグルスなのか!(要出典)

*1:8試合消化しててきょう試合があるのは、ほかに千葉ゼルバもだ

*2:一巡は9