/ja あやつる YmrDhalmel

バレーボールを見た記録が多いです。主に北で、たまに南で。

Volleyball

2018年もサンガイアは留萌へ

公式のスケジュールでは早めに出していただいていた、サンガイアの留萌合宿の件、いよいよ留萌市のサイトでも告知されたので、だんだんカウントダウン感に溢れてきたのである。18日後、8月24日に、サンガイアは留萌にやってくるのである。 www.e-rumoi.jp サ…

トゥン。

関東の酷暑が少々和らいだとも、招かれざる台風さんの来襲でなにがなんだかとも、遠くから音に聞く。 あの酷暑の中で、コートを見ていたときのことを、不意に思い出す。見ていたときに、実は、カメラを構える手を止めて、目と耳だけをはたらかせていた時間が…

天皇杯北海道ラウンド、そして学生選抜メンバー決定

灼熱のサマーキャンプから這々の体で帰札して、翌15日(かなり書くのが遅れたが)、雨の中、北海道科学大学へ天皇杯北海道ラウンドを見に行った。北海道科学大学は、しばしば北海道の大学リーグ会場にも遣われる場所だが、体育館の構造がユニークすぎる。そ…

旅の支度について、その他

ようやく、ヴォレアスのV-THEATERについての詳細発表が為された。8/18-19にある「予定だ」というのは既報の通りだが、その対戦相手が豊田合成トレフェルサだというのはほんとうに最近発表されたわけで、恐らく合成を見たい筋には青天の霹靂だったのだろう。 …

サマー・キャンプ

これが2度目の開催になる、男子サマーキャンプ。海の日を含む連休、そこ恒例の行事になるのであろうか。 ことしは7月14日~16日、3日間にわたる開催。参加したチームとカテゴリは下記の通り(括弧内は参加した日。無いチームは全日程)。 【新V1】 FC東京(1…

旅はおわり、そしてはじまる

東日本インカレを見に上京した。当初、土曜日までの試合を見て帰る予定だったところ、土日でサンガイアが公開練習(実際、きょねんのファン感謝祭がおこなわれた、茨城県立中央青年の家で合宿だったもよう)をおこなうという報せを受け、東日本インカレの観…

2018年6月14日

目覚めるやいなや、サンガイアが新体制を発表したと識った。現役を引退して2シーズンを経て、元さんがチームに戻ってきたということがわかった。 そりゃあれだ。2年前、引退、その席でおそろしい勢いでその愛を噛みしめ、何故元さんがこのチームを離れにゃな…

連想ゲーム

あの試合を見たらあの試合を思い出すとか、あのシーンを見たらあのシーンを思い出すとか、あの選手を見たらあの選手を思い出すとか、とかく、トシだけ重ねてしまうと、そういう局面が必要以上に増えてしまった感はある。そして、思い出してなきそうになると…

最終日からの最終日

実は割と早めに決めていたのだ。ン年来、ずーっといつか見たいと思っていた東海学連方面、いよいよ本気で行こうと思って、日程が出たのを追ったら、1部のリーグ戦が5試合で終わるという。あれっ前そんなに少なかったっけと思ったが、ちょと前から再編があっ…

2018北海道春季:順位リーグは進み 残り1試合まで

この土日の北海道春季リーグでは、順位決定リーグがおこなわれた。順位決定リーグは各チーム3試合なので、残り1試合、1日である。 1部優勝チーム、男子は東海大学札幌校舎に決まった模様である。東海札幌は、ここまで失セット0。2位につけている札幌大学は、…

いろいろ見届けたくて、総合大会は舵を切るような方向性に。

[2部:北海道大学-北星学園大学] カラダが3つくらい欲しい週末だったのである。 総合大会の日程にもいろいろなパターンがある(ということを、向こう7シーズン目になった北海道のリーグを重ねて識った)んだが、今回もまた決め所に迷った日程ではあったのだ。…

2018北海道春季総合大会

ついに今季も総合大会が始まった。 毎度毎度(特に今季は)この日の身の振り方に悩まされるのだが、きょうは、最初に1部(会場:北海道科学大学)に行き、それから男子2部3部(と男女4部)の会場である北大へ。よーく考えたら科学大のほうが1時間遅く始まっ…

黒鷲ブルー

…といってもご当地インクの話ではない(そりゃそうだ)。 何故なのかよくわからないんだが、黒鷲の時期に決まって心身のバランスを崩す感じになってしまう、バレーボールを見る自分、なのである。ことしは結局1日も現地に赴かないスケジュールにした(結果的…

2018春季北海道リーグ1部 開幕

久しぶりにスタメンなど控えておこうかと思った…のだが、新札幌に着いてフードコートでぬらぬらとお昼をいただいていたら、到着が試合開始から15分ほど遅くなって、着いたら既に第1セットが終了していたでござるだった件。 ことしもあたらしい年のあたらしい…

7シーズン目の開幕

きょうから2018年度春季北海道1部リーグが始まる。 札幌に戻った年の秋に、初めて北海道の1部リーグを見て、その翌年の春から、諸々の都合がつく限り、足を運んでいる。よくよく数えたら、もう7シーズン目の開幕ということになっていた。ちょうど先週行った…

つづく つづく つくば

つくばユナイテッドSun GAIA。ファン感謝祭の3日前に、5名の退団選手が発表された。かつて、7名が退団した2010/11終了時(東日本大震災でリーグが途中終了し、チャレンジマッチも中止になったシーズン。黒鷲旗のあとに発表された)以来の規模である。サンガ…

またね、とは、言えなかった。

駅にそびえる大きなビルに「3周年」の表示があった。ああ、そうか、3年か、と思った。初めて(ほんとうは、初めてじゃなくて、かなり久しぶりの)この場所に降りたとき、その大きな一群は工事中で、もうすぐ駅ビルができるのだと聞いた。 2014/15、V・チャレ…

TOKYO

12日ぶりの休みは、3ヶ月ぶりの空の旅だった。土曜日も日曜日もバレーボールには関わったが、今までにない関わりかたであった。土曜日には主に「書く」ことについて、とても深い示唆を得て、おいしいものを食べて、深く眠った。 日曜日は、新宿でひとつ買い…

おわりとはじまりの場所のはざまで

前日のニュースを見たときに、まあそうなるのだろうなと思っていたが、そうなった。→PFU 加藤陽一氏の監督就任を発表 | バレーボールマガジン 加藤さんといえば、わたしはどうしても、自分が語るというよりは、何らかの熱い語りを聞く立場に立つことが多いな…

それが3年前

最近「○○したチームはUchiが最初」というフレーズを見ることが多い。そして、そのフレーズに、舌っ足らずながら「え、そうじゃなくて、その前にもあったよ」と言いたくなっちゃうような中途半端な反骨心を、わたしはどこかに持ちつついるんだなということに…

シーズンは終わったのだ

土日は旭川に行っていた。V・チャレンジリーグ2の最終週が旭川市総合体育館でおこなわれたからである。今回も東川に続いてひとり取材クルーとしてであった。最終的にはヴォレアスが劇的な逆転(でいいのか)優勝を遂げたところを見届けることが出来たので、…

第34回北海道地区男・女バレーボールリーグ道央大会

きょねんから唐突に2月開催になっちゃったやつである。 きょねんはちょうど遠くへ行っていた(当初の予定が君津→川越だったような気がするのだが、結局土日とも川越にいて細井のりきちゃんの見納めが近づいていたのを惜しんでいた)ときだったので行けなかっ…

何に泣いているのか。オノレは。

チームの要がその選手としてのキャリアを閉じることになのか。 チームの核が変わっちゃうことに対してなのか。 その有終の美を目の当たりに出来ないからなのか。 あのときそんな質問しか出来なかったからなのか。 あのとき、こうなろうことを想像出来なかっ…

リーグ戦が終わりそうになっているということ

[はじまった頃、2017年11月に撮りました] 世の中並みに3連休である。めずらしく、観戦の予定も遠出の予定も仕事の予定もない3連休である。ちょっとだけ雪まつり開催中の大通公園を散策したくらいである。あれは日常なのか非日常なのか既によくわからない。大…

冬季オリンピック、開幕近し

あれから4年経ったンだなあと思う。 ちょうど4年前のきょうは金曜日で、わたしは翌日からカピオで試合を見るべく、つくばに向かっていた。直前に、突然、なして自分はそこにむかっとんのー、みたいな気持ちになって、折からの首都圏雪の予報もあって、それか…

第8回全国6人制バレーボールリーグ総合男女優勝大会 男子東部決勝リーグ 北海道大会

2月3-4日、表記…長い名前の大会(旧名称および通称?:地域リーグ)が、東海大学札幌校舎のTOKAI ARENAでおこなわれた。出場したのはホームのサフィルヴァ北海道と、東部決勝リーグへの出場チームのうち、トヨタ車体を除く5チーム、計6チームである。 土日と…

30年くらいぶり、北海道で。

ここのところ所謂おしごとも佳境に入ってきて、というかずっと佳境に入っているような気がして、暫く佳境に入りっぱなしのような気もしているのだが、一時期のあれやこれやしかもそれやという状況から徐々に脱しつつはある。その「それや」であった部分も無…

優先順位とペース配分

週が明ける前になんとか記事をUP出来た。 vbm.link vbm.link タイトルに書いた件について、大いに反省と学びのあった2日間であった。現地で、また、現地を離れてから記事を起こすまで、それぞれについて、どう「動く」のが、いちばん「伝わる」に至るのか。…

【いきなり途中経過】東川に行ってきたのだ

東川でV・チャレンジリーグⅡを見てきた。 今回は、バレーボールマガジンの取材クルーとして行ってきた。 クルーといえどもワンオペクルーだし、いろいろ漏れ抜け至らないところだらけだし、鷹栖の時ほどとはいわないながらもそこそこ所謂本業でバタバタして…

「曲がって道はつづいていく。」

わたしは何回水曜日を待ったかわからない。きょうは、何度待ったかわからない、何度目かの水曜日だった。水曜日を待つ、その前の朝に読んだエントリで、羽根ブラシみたいなものでカラダの真ん中をすりすりさらさらとこすられた感じがした。 水曜日、シゴトの…